Home / コラム / ストレスとは何か

ストレスとは何か

簡単に読めるコラムです。

みなさんいかがお過ごしでしょうか。

「ストレス」がたまってイライラする、「ストレス」を発散させたいなどよく言ったり聞いたりしませんか。

「ストレス」の言葉は日常生活ではまるで悪者かのように扱われますが
実は「悪い」ということではありません。

ところでみなさん「ストレス」の意味をご存知ですか。

今回は「ストレス」の本当の意味を理解いただき日常生活でストレスをためずうまく「ストレス」を利用する方法をお伝えいたします。

■「ストレス」の本当の意味

ストレスとは心身に不快な刺激を感じ反応することを言います。

「人間関係がつらい」「体がつかれた」など不快な気持ちになってしまうのは要因は「ストレッサー」という言葉になります。

そのストレッサーが引き金になり、心身に蓄積されていきストレスいうものが溜まった状態になります。

■「ストレッサー」とは

ストレッサーとはストレスが蓄積されていく過程ををいいます。
例えばふと思うことはありませんか。

・人間関係…夫婦や友人間で関係がギクシャクしている
・天候不順…雨の中出かけるのは嫌だ
・仕事…仕事量が多すぎて対応できない
・体調不良…頭が痛い、体がだるい

等自分の気持ちに「嫌だ」「辛い」「しんどい」などネガティブな気持ちになりやすいことはすべてストレッサーが働いています。

■「ストレス」はあったほうがいい

「ストレス」で刺激ばかりあると自律神経が乱れてしまい、体調不良や精神的な疲れを発症してしまいます。

ストレスがない状態とは外部からの刺激もなく、心身共々落ち着いた状態となります。

ただ「ストレス」がないのもよくありません。わたしたちが生きている間は、環境に応じた適応能力をつけ順応するパワーが必要です。

いかがでしたか?ストレスを理解してうまく付き合うには捉え方がポイントになります。
中々難しい事かもしれませんが、考え方捉え方は一つでストレス発散度も違います。

次回はストレスの種類についてお伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です